自動制御システム 制御盤設計・製作・販売 web製作 SEO対策
株式会社イマムラ技研
このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。
Adobe Flash Player を取得
ハードウエア製作  工程3/4  制御盤中板配線
  制御盤製作の準備段階が終了しました。いよいよ本題の配線作業に入ります。
  今回の例では電線サイズ2sqまでで収まりますが、おおがかりな制御盤になると、10倍以上の電線サイズが必要な場合も有ります。そういう制御盤はもう大変、冬でも汗が流れる程。まぁ、弊社では年に一度有るか無いかです・・・(^^;;
  配線工程は大きく分けて「動力」「AC」「DC」の3つに分類できます。「強電」→「弱電」を基本としてこの順番に作業を行います。
  各写真はクリックすると別ウインドウで拡大表示されます。

ハードウエア製作  工程3/4  制御盤中板配線
電線の加工
  ポイントとしては、電線の長さに少し余裕を持たせて、同じルートの電線は出来るだけまとめて作ります。まず長さを測って1本切り出し、その電線を基準にして残りを切り出します。次に片方だけ全て圧着し、マークチューブを片方より入れ、残りを圧着したら完成。
電線加工 株式会社イマムラ技研
1. 弊社で使用しているマークチューブ印字用の「HOTMARKER」です。

電線加工 株式会社イマムラ技研
2. マークチューブを必要分出力します。前もってハード図より線番を拾い出しまとめて作れば無駄解消。
電線加工 株式会社イマムラ技研
3. 電線の切り出し量を測ります。ダクトに沿って測って行きます。

電線加工 株式会社イマムラ技研
4. 最低限必要な長さに、約60mm程度加えた長さで切り出すのがコツです。

電線加工 株式会社イマムラ技研
5. 両端にマークチューブを挿入します。※これは1本だけの作る場合の例です。

電線加工 株式会社イマムラ技研
6. ストリッパーで先端部の被覆を適量カットします。長すぎても短すぎてもいけません。

電線加工 株式会社イマムラ技研
7. 圧着端子に差込み、圧着工具でしっかりと圧着します。裏表に気を付けて、ヒゲ(電線)が出ない様に・・・
電線加工 株式会社イマムラ技研
8. 仕上がりはこんな具合です。マークチューブ(線番)の方向は間違ってない?

動力線とAC線
  動力線は最初に配線ルートと電線サイズを決める必要が有ります。まずは動力機器類の容量を算出し、なるべく電線サイズが小さくて済む様な配線を心がけましょう。AC線はほとんどの場合、コモン(共通線)1.25sq、信号系0.75sqで大丈夫でしょう。
動力/AC 株式会社イマムラ技研
1. インバーターまわりの動力線。一般的にR(U)相-赤、S(V)相-白、T(W)相-青の線色を使用します。
動力/AC 株式会社イマムラ技研
2. マグネットスイッチまわりの動力線。


動力/AC 株式会社イマムラ技研
3. 電線冗長部分の処理です。変更や将来的な改造を考慮し、冗長部分は必ず確保します。
動力/AC 株式会社イマムラ技研
4. 動力線の完成です。続いてAC線を配線します。


動力/AC 株式会社イマムラ技研
5. 電源まわりのAC線。一般的に200V-黄、100V-赤の線色を使用します。

動力/AC 株式会社イマムラ技研
6. AC線の冗長部分も同じ処理をします。


動力/AC 株式会社イマムラ技研
7. 今回はAC200Vのバルブを駆動する必要があるため、ACの制御線を端子台に落とします。
動力/AC 株式会社イマムラ技研
8. AC線の完成です。



DCコモン(共通線)と信号線(I/O)
  FA業界では、DC入出力回路は基本的にDC24Vを使用しますので、DC24Vに変換する為のパワーサプライが必要です。PLCによってはサービス電源が付いていますが、容量的に小さいので、増設用の予備電源と考えた方が無難です。
DC 株式会社イマムラ技研
1. 電源まわりのDCコモン線。一般的にDC回路は24Vで線色は青を使用します。
DC 株式会社イマムラ技研
2. このシーケンサー出力は4点コモンなので、順次わたっていきます。
DC 株式会社イマムラ技研
3. DCコモン線の冗長部分も、当然のことながら同じ処理を行います。
DC 株式会社イマムラ技研
4. DCコモン線が完成しました。続いてDC信号線にかかります。
DC 株式会社イマムラ技研
5. シーケンサーまわりのDC信号線。


DC 株式会社イマムラ技研
6. この段階で配線ダクト内は電線で一杯になります。設計時のダクト太さの見積もりは非常に大事です。
DC 株式会社イマムラ技研
7. これで中板の配線作業が終わりました。


DC 株式会社イマムラ技研
8. ダクトのふたをして中板完成です。


ナビゲーター
Navigator
FAナビゲーター 桜井優子 株式会社イマムラ技研   広報部FAナビゲーターの桜井優子と申します。

  弊社の制御盤や、FA制御に関する技術情報をご紹介させていただきます。
  どうぞよろしくお願いいたします。
PopUp
インフォーメーション
Information